今週の説教

 MENU>>>|TOPページ教会案内今週の説教教会への交通教会学校週 報LINK |

2022年11月27日 待降節第1主日

《説教題》

「クリスマスの備え」

 聖書日課
   第一日課 イザヤ書 2章1節‐5節
   第二日課 ローマの信徒への手紙 13章11節‐14節
   福音書 マタイによる福音書 24章36節‐44節


私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

 待降節を迎えています。待降節の最初の主日は、御子のご降誕を待ち望む在り方について教えられます。そして、それは再臨の主イエスを待ち望むのと同様であるということが福音の日課から示されています。
 つまり、待降節とは、御子のご降誕という2千年前の出来事の想起であると同時に、将来神によって約束されたキリストの再臨を待ち望む私たちにとってまさに「今」の出来事、「今」私たちがどのようにして生きていくかその道を示されているのです。

 さて、待降節は先ほど申し上げたように、私たち人間の救い主である神の御子イエスのご降誕を待ち望む時です。神の救いの出来事が近いことを知らせています。教会暦のはじめ、私たちは主なる神が私たちを救い出すために、私たちへのその愛のしるしとして愛する御子をこの世に遣わすという御心を味わい知ることから始まるのです。

 皆さんもご存知のように始まりがあれば終わりがあります。私たちの肉体の命においてもこの世に生を享けたとしても、いつの日か遅かれ早かれ肉体の命は尽きます。この世に生きる人間はそのようにして肉体は必ず終わりに向かって歩む者でしかありません。常に「死」というモノが隣り合わせで、暗闇へ引きずり込み、私たちを闇の深淵へと誘っています。

 それをキリスト教では罪、悪、悪魔という事がらを通して教えられています。私たちの命は罪に飲み込まれ、滅ぼされ闇が迫っています。この罪の力、悪の力に対して私たち人間は無力です。どんなにか努力したとしても、私たちは誰もがこの力に命を飲み込まれ、滅ぼされる者でしかないのです。人間とは、誰もが本質的に滅びに向かって歩む者でしかない。これが真実です。

 暗闇が迫っているという意味で、イザヤの時代も、イエスの時代も、使徒たちの時代も主を主とする者たちは、常に死が隣り合わせでした。神の御心に従うのでなく、自分たちの欲するままに罪を犯し続けてしまう愚かさ。自分たちの命が蔑ろにされ捕囚となる、強大な国の支配下にある苦難、苦悩。キリストをキリストとして信じることによる迫害など正に暗い時代でした。闇が覆いつくしているかのような状況に人々は置かれていたのです。

 現在においても、私たちは終わりなき旅を歩まされているように思われます。本当は終わりがあるにもかかわらず、その終わりが曖昧にされて、経済活動や日々の生活に追われています。そうしている内に人間は、この終わりが曖昧にされている中で不安を覚えます。ゴールがおぼろげにされていつになったらという焦燥感、不安が人の心を蝕んでいます。

 本来、私たちは終わりに向かって歩んでいるのにそれが曖昧にされることで人はこのことから抜け出すために、二つの道を歩もうとします。一つは、内に向かう、殻に閉じこもるということです。この終わりのない状態に蓋をして、他者と関りを持たないようにし、自分の好きなように生きる。守ろうとする。これは一見すると自分の好きなことをして生きている人生を謳歌していると思われがちですが、実のところ終わりが曖昧にされていることで刹那的になっている。もしくは余りにも内に向いて惰性的になっているに過ぎません。

 もう一つは、この世の事がらからの解脱です。この世の理を無視していく生き方です。この世の外に仮想の終わりを設定し、そこに我武者羅に邁進していく生き方です。最近世間を賑わせているカルトの問題はこの仮想の終わりを人々に説き、この世の理の外に終わりがあり、そのためにかりそめの何かを信じ込ませようとするやり方です。なぜそんなものに騙されるのかと思う人が多い事件ですが、これは正に終わりが曖昧にされたことによる焦燥感、不安感を煽られてしまった結果なのです。

 イザヤの預言はまさにこの暗闇が終わりを迎え、「4主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。5ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう。」と語られています。

 これは数千年前に当時バビロン捕囚にあえぐ人々に語られている救いの御ことばでありますが、今を生きる私たちにも語り掛けられている福音です。

 何故ならば、終わりなき旅を歩まされ、終わりが曖昧とされ、不安の中でもがき苦しみ、暗闇の中を歩む私たち一人ひとりに終わりは在るのだと語られているからです。かりそめ、仮想の終わりではなく、今起こっている争いは裁かれ、民を戒め、教え導き、この戦いが終わりを迎え、真の平和の時が訪れるとハッキリと語られているからです。そして、この神の御業によって、「主の光の中を歩」む者とされるのです。


 終わりなき旅、暗闇の中を闇雲に歩み、罪を犯し続け、命が悪の力にかすめ取られる日々に、主の救いが到来する。光が差し込み、光が支配するのです。待降節とは正にこの光の支配が来られる。闇が終わり、光の時が訪れる、罪に死ぬ、罪の力の支配の終わりがあることを示します。この救いの時に向かって私たちのいのちは歩んでいるのです。闇雲に、がむしゃらに、不安、焦燥感の中を歩む者ではなく、神の救いの到来、完成の時に向かって終わりを見据えて歩む者とされているのです。

 「12夜は更け、日は近づいた。だから、闇の行いを脱ぎ捨てて光の武具を身に着けましょう。」とパウロが説いているように、夜は更け、日は近づいたのです。私たち一人ひとりの心に、いのちに、本質に光が差し込んでいます。その時は近い、その光を光として受け入れていくことができるように、私たちは御ことばを信じ、神の御ことばが完成するという確信の内に歩んでまいりたいと思います。

 その時が、主イエスのご降誕を通して与えられています。そして、私たちは同時に主が天に昇られ、再び来られる時を待つ者でもあります。「既に」と「未だに」の狭間に生きる者ではありますが、しかし、光は既に到来し、この光は救いを成し遂げ、天に昇り、再び来られるという約束をしてこの世を離れていきました。
 しかしそれは曖昧な約束、終わりではありません。その時が必ず訪れます。だからこそ、私たちは福音に聴き従い、いつその時が与えられても良いように備えて歩んでまいりたいと思います。


 この備えとは何か、それは神への信仰、イエスを救い主として崇め、聖霊を自分自身の内に受け入れ、聖霊の導きを信じ歩むことです。何か人間的な行いが備えではありません。神から与えられる信仰の内に歩む。それが本当の終わりへの備え、救いの完成への備えなのです。光は来る。その時に向けて、共にこの待降節の間、御ことばに聴き、神から与えられる信仰によって示される終わりが在ることを感謝しつつ歩んでまいりましょう。

 人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。