チャプレン室よりメッセージ

9月のみことば

「あるものは百倍にもなった」(マルコによる福音書4章8節)

種を蒔いても落ちた地によってその成長は違います。石だらけの土の少ない地に落ちれば、芽を出しても焼け付く太陽に焼かれて枯れます。茨の中に落ちれば芽を出しても、茨に成長を妨げられます。そして良い土地に落ちた種は三十倍、六十倍、百倍に育ちます。イエス様が語る種とは御ことばです。種の成長の秘密はイエス様の言葉を聞くことです。イエス様のお言葉を受け入れていくとき、種は豊かに成長します。

子育てにおいてはどう言えるでしょうか。それは子どもたちの心に目を向けるということでしょう。どんなに大人が良いことを言っても、子どもたちの心が石だらけの土地、茨の土地であれば種は成長しません。子どもたちの心をよく見て、必要であれば耕し、茨を取り除く。そうして初めて子どもたちの心に蒔かれた種は豊かに成長します。他者の声を聞く心が豊かに成長するように私たち大人が子どもの心を真剣に見つめていく大切な働きを保護者、幼稚園の教職員一丸となって担い、神様の種が子どもたち一人ひとりの内で豊かに成長し、神の光を現わす光の子となるように祈りを合わせていきたいと思うのです。

チャプレン室よりメッセージ

こちらにはチャプレン室からのメッセージを更新してく予定です。